トップダウン・ボトムアップ双方のアプローチによる構造化を見てきました。恐らく、実際に問題解決のために構造化という技術を用いる時は、トップダウンとボトムアップを行き来する事になるでしょう。

[!h]
\centering

\caption{構造化の技術まとめ}
\label{fig:structure.eps}